PC Windows

【Windows10 Pro】起動が異常に遅い。タスクマネージャーDISK100%のときの対処法

【症状】

Windows10 Pro Version 1909を使用していますが、ある日突然、起動がものすごく遅く、全然ログイン画面が出てこない。マウスカーソルは出るが画面が真黒状態という症状を発症してしましました。

・PC筐体のDISKアクセスインジケーターが常に点灯しています。

・DISKアクセスが収まらないとどうしようもないのでしばらく放置、10分くらいして漸くDISKインジケーターが点滅しなくなった。画面は真っ黒なまま。

・どうしようもないので、電源を強制OFF。

・コンセントから電源コードを抜いて10分放置。再度電源コードを差し込み、電源を入れてみる。

・動きますが、ログイン画面がでるまでかなりかかりました。

・ログインしてみますが、デスクトップ画面出現まで時間がかかります。

・ようやくデスクトップが出たので、「CTL」+「ALT」+「Delete」キーを押してタスクマネージャーを起動すると・・・。

「ディスク」の上の数字部分が当時100%と振り切れていました。

「パフォーマンス」タブをクリックすると・・・。

当時、グラフ部分が全部緑色になっていて100%アクティブのままでした。

【対処】

いろいろ試しましたが、一番効いたものを掲載します。

「スタート」→「設定」をクリックして「Windowsの設定」を出し「簡単操作」をクリックします。

すると、「ディスプレー」設定画面が出てきます。ディスプレイとなっていない場合は、➀をクリックして出してください。

 

次に、「Windowsにアニメーションを表示する」、「Windowsの表示に透明性を適用する」、「Windowsのスクロールバーを自動的に非表示にする」の設定を「オン」から「オフ」にしてください。(②の部分)

これでPCを立ち上げなおすと、見違えるほど起動が早くなりました。

原因は、定かではありませんが、Windows Updateなどで勝手に設定が変更されてしまうとか書かれています。わたしのところでは、発症まえにWindows Updateがかかって直後というわけではありませんでしたので、釈然としないままです。

上記の設定変更対応をした結果、快適な操作状態を保っています。

-PC, Windows

Translate »

© 2020 Maihama Breeze