Windows デジタルライフ

Windowsディスクイメージバックアップの取り方

外付けUSBハードディスクにPCのOSが入ったドライブのイメージバックアップの取得法について備忘録として記録します。

 

スポンサーリンク

(準備)

ディスクの容量は、イメージバックアップするPCのOSが入ったドライブと同容量か大きい容量のものを用意します。

そして、PCにUSB接続した状態にしておきます。

 

(オペレーション)

1、「スタート」→「設定」を押し設定画面を呼び出します。

2、「更新とセキュリティー」を押します。

3、バックアップ画面内、「[バックアップと復元]に移動(Windows7)」をクリック

4、ファイルのバックアップまたは復元の左メニュー「システムイメージのバックアップ」をクリック

5、システムイメージの作成でどこにバックアップするか選択

(1)ここでは、一番上の「ハードディスク上」のラジオボタンを選択します。

(2)選択後「次へ(N)」をクリックします。

 

6、バックアップの設定を確認すます、画面で内容を確認しバックアップを開始します。

 

7、バックアップが開始されるとシステムイメージの作成が表示され進捗が示されます。

 

8、システムイメージのバックアップが作成されると、修復ディスクの作成をするかどうか尋ねられます。

すでにシステム修復ディスクを作成してある場合は、「いいえ」を、作成する場合は「はい」を選択します。
今回は、作成済みですので「いいえ」を選択し、バックアップを正常終了させます。

以上が、システムイメージのバックアップのオペレーション手順でした。

スポンサーリンク

-Windows, デジタルライフ

Translate »